日記

2種類の女性ホルモンの特徴について

投稿日:

女性ホルモンには、『エストロゲン』『プロゲステロン』の二種類があるのはご存知だと思いますが、それぞれの特徴はご存知でしょうか?卵胞ホルモン、黄体ホルモンの二種類の特徴についてまとめました。

エストロゲン、プロゲステロンの特徴

エストロゲン(卵胞ホルモン)の特徴

エストロゲン(卵胞ホルモン)は卵胞から分泌されて、排卵の準備のために大事な女性ホルモンです。生理の終わり~排卵前まで分泌量が多くなります。肌の調子、体調、精神を整えてくれる大事なホルモンですので、女性にとって必要不可欠なホルモンです。

生理後に分泌量が多くなるため、生理後1週間ぐらいま気分も穏やかで、肌の調子がいいのは、エストロゲンの分泌量が多いからです。

 卵胞期はこんな感じ

● 髪の毛がつやつやになり肌の調子もぐーんとアップ
● 代謝や血行がよくなるので、体が少し軽く感じる
● 脳が活性化されるので、いつも以上に仕事などがはかどる

プロゲステロン(黄体ホルモン)の特徴

プロゲステロン(黄体ホルモン)は、排卵後に卵胞から変化した黄体が分泌されるホルモンです。妊娠の準備、妊娠を助けてくれる働きがあります。一番増える時期は、排卵後。妊娠しない場合は、分泌量が減りますので、生理の症状が出てきます。

黄体ホルモンが増えてしまうと、骨盤に血液を溜めこんでしまうと言われており、女性の体に不調が出てくると言われております。お肌の調子が悪い、便秘、ストレスが溜まる場合はもしかしたらプロゲステロンが原因かも…?

 黄体期はこんな感じ

● 体温が上がるので、子宮内膜が分厚くなります。妊娠の準備期間
● 体の中に水分を溜めこんでしまう
● 精神が不安定になりやすい、ストレスが溜まりやすい

女性ホルモンのバランスを崩さないようにしよう

女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、体のいたるところに何かしら症状となって出てきます。肌の調子が悪くなる、便秘になる、痩せにくい、イライラ、むくみなどなど。

女性ホルモンのバランスが意外と簡単に崩れてしまうと言われておりますので、不規則な生活習慣、偏った食生活、ストレスを溜めこむなどをなるべくしないようにしましょう。

お肌の調子がいつも以上悪い、シミなどの黒ずみが目立つようになる、便秘症状がある場合は、もしかしたら女性ホルモンバランスが乱れているかもしれませんので、このような症状があれば、色々見直して、女性ホルモンのバランスを整えるように!!

\ シェアしてください /

-日記

Copyright© ハーバルラビット楽天最安値ナビ~デリケートゾーンの黒ずみに最適~ , 2017 All Rights Reserved.